配信についてのお問合せ
support_yakugakukai@digital-cruise.co.jp

その他のお問合せ
(日本医療薬学会事務局)
pha@jsphcs.jp

ご挨拶

 地域包括ケアシステムでは、地域住民に対する切れ目のない薬学ケアの提供が求められ、改正医薬品医療機器等法では、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」が薬局の機能として明記されました。「専門医療機関連携薬局」ではがんなどの高い専門性を持つ薬剤師の認定者配置が必須とされています。日本医療薬学会では令和2年1月に地域薬学ケア専門薬剤師制度を発足させ、本年2月に地域薬学ケア専門薬剤師及び地域薬学ケア専門薬剤師(がん)の初の認定者を公表しました。その後、地域薬学ケア専門薬剤師(がん)は「がん領域における高い専門性を持つ薬剤師」として厚生労働省から認定を得ることができました。

 このような専門薬剤師の正式な認定には、医療機関における継続的な実地研修を受けることが不可欠であり、そのためには、医療機関(基幹施設)と薬局(連携施設)の連携に基づく研修を基幹施設の指導薬剤師の指導のもと効果的そして効率的に実施することがキーポイントになります。また、研修を受けている、あるいは研修予定の薬局薬剤師の研修に対する考え方も研修の組み立て方にも重要なファクターと考えられます。

 本研修会は、地域薬学ケア専門薬剤師研修にかかわる医療機関及び薬局の薬剤師の先生方を対象に企画いたしました。具体的には、研修の具体的な進め方に関する方法や実際に研修を受けて成長できたこと、または研修で学びたい事項などを共有することにより指導薬剤師と研修薬剤師間の連携を促進し、今後の更なる研修の質の向上とその研修で学んだ専門薬剤師が地域の中で活躍できることを目標としています。

 つきましては、関係の皆様方の積極的なご参加を心よりお待ち申し上げています。

一般社団法人 日本医療薬学会 会頭
奥田 真弘
地域薬学ケア専門薬剤師認定委員会 委員長
出石 啓治